総量規制について考えるサイト

総量規制と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

ひとくちに総量規制といっても、
現在のわが国ではさまざまな分野での総量規制が行われています。
大気汚染総量規制、水質総量規制など環境に関わる分野のほか、
電力の総量規制が検討されたこともあります。
必要な規制は必要です。このサイトでは消費者金融の総量規制を中心に
考えるサイトです。

また、通信事業の分野でも、
業者によって通信量の総量規制が行われているとかいないとか。

そして、借り入れをしている人にとっては、やはり貸金業法における
総量規制が最も関わり合いの深いものなのではないかと思います。

借り入れのない人にとっては

これまでに一度も借り入れをしたことがない。
という人の場合は、このような規制があることすら
知らないという場合もあるかと思います。
まあ、お金の借り入れがないというのであれば、
それに越したことはありません。

とはいえ、現在はそういった必要はないという人でも、
これから先、借り入れをしなければ
立ち行かない状況になってしまわないとは限りません。

お金の借り入れというのは、一度借り入れてしまうと、
その感覚にすぐに慣れてしまい、
ついつい借入額が増えてしまうケースが多いのです。
実際には自分のお金ではないのに、
借りられる金額分が自分のお金であるような錯覚 に陥ってしまいがちです。

ある意味で貸金業法の総量規制については、
現在借り入れがなく、これから借り入れを行うという人にこそ、
知っておいて損のないお話だともいえます。総量規制は借りすぎ、貸しすぎを規制する法律です。
この規制によって借入に制限ができたので、ある程度安心して借入が可能になったといえます。
この総量規制は賃金業者に適用されている規制です。銀行などの場合は総量規制対象外となります。
最近では総量規制外の銀行キャッシングも即日融資可能となってきていて人気が上がっています。

このサイトについて

当サイトでは、貸金業法における総量規制についての基礎知識のほか、
お金の借り入れを行う際に、知っていて損のない基礎知識などを、
簡単にまとめてみたいと思います。

これからお金の借り入れを考えているという方はもちろん、
既にお金の借り入れを行っているという方にも、
読んでいただけたらと思います。

根本的な話ですが総量規制対象外のローンなどについて紹介していますが
別に無理やり総量規制対象外商品のみを借入すると思わなくともよいと思われます。
借りる金額は通常の消費者ローンであれば年収の3分の1までの借入になっています。
年収の3分の1を少ないという見方もあるかもしれませんがそれは人生で大きな買い物を
するときくらいにしておいたほうが良いでしょう。
通常の緊急時の出費などで年収の3分の1以上というのは逆に大きすぎる金額なので
一度考えてみたほうが良いかもしれません。

カテゴリー

キャッシングのお役立ち情報

借り入れ 体験談